地盤改良・地盤補強工法 カテゴリーの投稿

  • 砕石パイル工法(サイセキパイルコウホウ)は、軟弱地盤を円柱状に掘削し、堀あがった穴に天然砕石を投入し、砕石の杭(パイル)を構築し、支持力を増…

    続きを読む

  • 表層改良工法(ひょうそうかいりょうこうほう)とは、地盤の表層部分(基礎下2.0m程度)が軟弱である場合やバランスが悪い地盤(切土・盛土にまた…

    続きを読む

  • DM工法(ダブルメタルこうほう)は、小口径鋼管杭工法の一つで、小口径鋼管の先端部に鋼管径の3.0倍及び3.5倍程度の大きさの鋳物(ダクタイル…

    続きを読む

  • タイガーパイル工法は、『鋼管杭工法の材料強度』と『柱状改良工法の大きな周面摩擦抵抗』を合成させることにより、柱状改良工法の短所であるコラム強…

    続きを読む

  • PPG工法は、杭状地盤補強材(以下、鋼管と呼ぶ)の先端支持地盤を有効に利用するため、鋼管径の3倍程度の螺旋翼(先端拡底翼)を取り付けた拡底型…

    続きを読む

  • YSパイル工法は、円盤状の掘削刃を先端に取り付けた鋼管杭を、地中の支持層まで回転貫入させる、地盤補強工事です。

    続きを読む