地盤改良の種類と工法

地盤改良とは、住宅やマンション・ビルなどの建築物や橋梁などの建設物を地盤上に構築するにあたり、安定性を保つため地盤に人工的な改良を加えることです。地盤改良は基本的には地盤を調査し地盤調査結果から上物(建築物や橋梁)の荷重を支える地盤であるか検討し、支えれない地盤と判定した時に、最適な地盤改良工法を選定し上物が沈下・傾かないように地盤を補強します。

地盤改良工法は技術進化に伴い、沢山の工法が開発され施工されています。更なる安全性や環境面、コスト面を考慮しながら、各会社で独自の工法を研究し、施主様の家を守る影の立役者になっています。

ここでは、住宅の地盤改良に特化した工法を紹介します。改良工法は立地条件や地盤条件、建物条件を把握し選定することによりコストダダウンに繋がりますので、一つの工法だけでなく、いくつかの工法を知ることでお客様の家造りの参考になればと思います。

地盤改良工法

最新工法

地盤改良の技術は日進月歩の早さで新しい工法が開発されています。

表層改良工法

表層改良工法とは、地盤の表層部分(基礎下2.0m程度)が軟弱である場合やバランスが悪い地盤(切土・盛土にまたがる住宅地盤等、硬さに相違が見られる地盤)の場合等に適した工法です。

小口径鋼管杭工法

小口径鋼管杭工法とは、軟弱地盤に打ち込み軟弱地盤深部の支持層に鋼管の先端を支持させ、建物を支える工法です。柱状改良では対応できない地盤で施工されます。
小口径鋼管杭工法は各会社や団体で独自の施工方法が開発されています。

柱状改良工法・深層混合処理工法

深層混合処理工法、ソイルセメントパイル工法、ソイルコラム工法、ともいいいます。
柱状改良工法は地盤の中に建物を支える杭を作る工法です。セメント系固化材(粉体)を水と混ぜてミルク状にし、軟弱地盤と混合攪拌することにより、土を固めて柱を作ります。
セメントと土によってできた柱をソイルコラムやソイルパイルと呼んだり、地盤の深層を改良することから、深層地盤改良工法とも呼ばれます。
小口径鋼管杭工法と違い軟弱な地盤で支持層がない場合でも、柱状体の周面摩擦力によって対応が可能となるほか、支持層が傾斜している場所でも対応できます。
この工法は各会社や団体で独自の施工方法が開発されています。

タイガーパイル工法

タイガーパイル工法は、『鋼管杭工法の材料強度』と『柱状改良工法の大きな周面摩擦抵抗』を合成させることにより生まれた工法です。

地盤補強・改良・工法のお問い合わせ・ご相談

地盤改良の相見積り・お問い合わせ・費用削減などご相談は、お電話またはメールフォームにて承って降ります。お気軽にご連絡ください。

メールでのお問い合わせにつきましては、回答をさしあげるまでにお時間をいただくこともございます。お急ぎの場合はお電話にてご連絡くださいませ。

地盤改良の相見積りに関する質問・相談・お電話でのお問い合わせ 地盤調査・改良・ジオクロスユビファに関する質問・お問い合わせのメールフォームはこちら