複数見積で、ドーンと安くなりました。相見積り検討事例紹介

検討事例4:柱状改良工法→ジオクロスユビファ工法

44坪程度の新築予定なのですが、調査の結果、地盤改良工事が必要と判定されました。柱状改良:L=3.50m× 37本(Φ600mm)、重機運搬費その他経費を含めて712,800円です。
残土はこちらで処理します。水道、電気も支給します。ジオクロスユビファ工法で施工したら安く施工できませんか?

地盤調査報告書から再設計した結果

  • 地盤調査結果から『ジオクロス ユビファシート工法』にて対応可能な地盤であった。
  • ジオクロス ユビファ工法での施工見積金額は600,000円。

更なる提案

  • ジオクロス ユビファ工法での施工可能であることと、施工見積をお伝えした所、予算が無く、困っているとのこと。
  • 自社で基礎工事もされている地域の工務店であったことから、ユビファシートを敷設する以外の作業を手伝ってもらうことに。
  • 掘削鋤取・砕石基礎・転圧までは工務店さんの作業。その後、ユビファシートの敷設を弊社にて行い、その後の基礎砕石・防湿シート敷込・捨てコンクリート・残土処理は工務店さんに作業して頂いた。
  • この場合の施工費は、324,000円でした。

お客様(地域の工務店様)からのお話

今回は大変助かりました。
予算がきついうえに、まさかの地盤改良。隣の隣は改良がなかったとの話で地盤のことは考えていませんでした。よくよく聞くと、山を切り崩して作った丘稜地とのことで、隣の隣は切土地盤、こちらは盛土地盤と判明。

そのため、地盤改良が必要との話をいただき、事前に相談すればと良かったと思いました。次回からは相談させていただきますので、よろしくお願いいたします。
それと、このジオクロス ユビファ工法は自分たちが施工できる範囲が広く、直接コストダウンに繋がるところが最大のメリットです。出来ない場所もあるとのことですが、試してみる価値は十分にありますので、次回もよろしくお願いいたします。

 

他にあなたへのオススメの内容はこちらです。

 

地盤補強・改良・工法のお問い合わせ・ご相談

地盤改良の相見積り・お問い合わせ・費用削減などご相談は、お電話またはメールフォームにて承って降ります。お気軽にご連絡ください。

メールでのお問い合わせにつきましては、回答をさしあげるまでにお時間をいただくこともございます。お急ぎの場合はお電話にてご連絡くださいませ。

地盤改良の相見積りに関する質問・相談・お電話でのお問い合わせ 地盤調査・改良・ジオクロスユビファに関する質問・お問い合わせのメールフォームはこちら

合わせて読みたい!検討事例の関連記事