ジオクロス 7つのメリット

  • GEOCLOSは環境に優しい
  • ジオクロスは土地の資産評価価格に影響しません
  • ジオクロス ユビファは作業時に騒音・振動がありません。
  • GEOCLOS UVFIRは雨天でも施工が可能。
  • ジオクロス ユビファは重機が入らない狭い場所でも施工可能。
  • ジオクロス工法・ジオクロス ユビファには技術審査証明されているため施工も安心です。
  • 従来のジオクロス工法よりも、さらに安価で施工することができます。

土地の資産評価価格に影響しません

ジオクロスは土地の資産評価価格に影響しません

土地の資産評価価格とは平成15年1月1日に不動産鑑定評価基準が改正施行されました。

このことにより、土地の鑑定評価時に土地の中に土壌汚染物や人的な地下埋設物があると撤去費用相当額を評価価格から減免される事になりました。基礎補強(杭)地盤改良の方法によって不動産(土地)の評価価格が下がってしまうことが発生します。
もし、あなたが土地を購入する前に、土地に汚染物質や埋設物があったら購入するでしょうか。

購入後にその事を知ったらどうしますか。購入元に撤去して欲しいと請求しませんか。

この改定前の平成8年に東京地裁で「土地に瑕疵がある」と判決が下され障害物の撤去費用相当分の損害が認められています。

自分本人ならずとも将来の子供や孫のためにも、土地の資産評価価格を下げない工法で地盤改良をする事は大変重要なことではないでしょうか。もし土地が土壌汚染をしていれば、その撤去費用には膨大な費用がかかる事になりますし、 支持抗等の埋設物の撤去費用に関しても、構築時より多くの費用が掛かるります、基礎補強・地盤改良時にこのことを充分理解していれば、従来の基礎補強・固化工法、締固め工法だけの選択肢では不十分です。

土地の上に住宅があれば、撤去することも困難になります。定期借地や事業用借地の中に土壌汚染物や埋設物があれば返還時に撤去しなければなりませんが、貸した地主さんはどうやって確認したら良いのでしょうか。最初からそのような心配が発生しない工法の選択肢の1つに、シート工法のジオクロス工法があります。

土地の資産評価価格に影響しない理由

ジオクロス工法、ジオクロスユビファ工法は撤去が簡単にでき、地中残存物と土壌汚染を起こさないので土地の資産価値を落とすことはありません。

撤去後のジオクロス、ユビファシートは焼却によって有毒ガスを出すことはなく、炭酸ガスと水蒸気に分解されます。固定バーはリサイクルで再利用することができます。固定ピンも鉄として再利用することができます。

地盤改良・補強のお問い合わせ・ご相談

地盤改良の相見積り・お問い合わせ・費用削減などご相談は、お電話またはメールフォームにて承って降ります。お気軽にご連絡ください。

メールでのお問い合わせにつきましては、回答をさしあげるまでにお時間をいただくこともございます。お急ぎの場合はお電話にてご連絡くださいませ。

地盤改良の相見積りに関する質問・相談・お電話でのお問い合わせ 地盤調査・改良・ジオクロスユビファに関する質問・お問い合わせのメールフォームはこちら