砕石パイル工法

地盤改良の種類砕石パイル工法(サイセキパイルコウホウ)は、軟弱地盤を円柱状に掘削し、堀あがった穴に天然砕石を投入し、砕石の杭(パイル)を構築し、支持力を増加させる工法です。柱状改良に変わる工法として開発され、セメントを使用しないため環境には優しい工法です。また、液状化対策にも有効です。

 

砕石パイル工法の特徴

適応地盤

  • 粘土質、砂質地盤。支持層が必要?

コスト面

  • 柱状改良工法よりは安価

環境面

  • セメントを使用しないため六価クロムの心配はありません。
  • セメントを使用しない為、産業廃棄物となる排土処理は不要。

メリット(柱状改良工法と比べて)

  • 環境面に同じ
  • 液状化対策に効果がある。
  • 安価になる場合が多い。
  • 立て直し時に撤去野必要がない。

デメリット

  • 掘削後に砕石を投入するため、崩落土が混ざる可能性がある。
  • 砕石の転圧に不安がある。

その他

  • 特許工法。
    一般財団法人 日本建築総合試験所(GBRC)
    建築技術性能証明-GBRC性能証明第09-20号・GBRC性能証明第09-20号 改2

※弊社では取り扱いはしていません。工法説明は弊社で独自で調べたことを記述していますので、詳しくは取扱店に確認下さい。

 

地盤改良を調べている方にオススメの記事はこちら↓

地盤改良の工法は常に技術革新が行われ、より良い地盤改良の工法が他にあるかもしれません。弊社で見積りをしたところ、コストダウンした例がいくつもあります。下はその一例ですので、費用を押さえたい方は一度ご覧ください。


地盤補強・改良・工法のお問い合わせ・ご相談

地盤改良の相見積り・お問い合わせ・費用削減などご相談は、お電話またはメールフォームにて承って降ります。お気軽にご連絡ください。

メールでのお問い合わせにつきましては、回答をさしあげるまでにお時間をいただくこともございます。お急ぎの場合はお電話にてご連絡くださいませ。

地盤改良の相見積りに関する質問・相談・お電話でのお問い合わせ 地盤調査・改良・ジオクロスユビファに関する質問・お問い合わせのメールフォームはこちら

合わせて読みたい!地盤改良・地盤補強工法の関連記事