YSパイル工法

地盤改良の種類YSパイル工法は、円盤状の掘削刃を先端に取り付けた鋼管杭を、地中の支持層まで回転貫入させる、地盤補強工事です。国土交通大臣の認定と(財)日本建築センターの認定を受けた、信頼性の高い工法です。 本工法では独自の「施工管理システム」を開発することにより、確実な施工精度と安心の杭性能を確保することができました。

一般住宅に限らずその他小規模建物や擁壁の基礎など、YSパイル工法は、地盤の補強を必要とするさまざまな箇所への適用が期待されます。

特徴

適応地盤

  • 砂質地盤・礫質地盤・粘土質地盤。

コスト面

  • 杭の構造がシンプルなため杭自体の加工費が安価

環境面

  • 小型の施工機械を使用できるので、低振動・低騒音・残土排出の必要がありません。
  • セメントを使用しないため六価クロムの心配はありません。

メリット

  • 施工機械がコンパクトなので、狭い敷地や狭い搬入路でも施工が可能です。
  • 支持地盤に直接貫入し支えられるため沈下しにくい。
  • リアルタイムで施工管理記録を確認できるため、確実な打ち止め管理が行えます。
  • 杭は逆回転で引き抜くことができ、撤去作業が容易で再利用も可能です。
  • マニュアル化された管理体制の確立により、工期短縮が図れる。

デメリット

  • 軟弱な地盤が深い場合に摘要されるため、費用が嵩む。
  • 支持層が無い地盤では施工できない。

その他

  • 国土交通省大臣認定番号:TACP-0238(砂質地盤)
  • 国土交通省大臣認定番号:TACP-0239(粘性質地盤)

※弊社では取り扱いはしていません。工法説明は弊社で独自で調べたことを記述していますので、詳しくは取扱店に確認下さい。

YSパイルの鋳鉄製掘削刃は回転貫入力が強く、掘削スピードが速いため、施工全体のスピード化を図れ、また、低振動・無排土施工が可能です。

さらにYSパイルは杭の構造がシンプルなため杭自体の加工費が安価で、マニュアル化された管理体制の確立により、工期短縮が図れ、高い経済性を実現することができます。 お客様の状況にあわせ出来うる限り出費を抑えて、弊社技術をご提供させていただきますので、沈下修正工事をご検討中の家主様、液状化・地盤沈下でお困りの家主様は、ぜひ一度弊社へご相談ください。

 

地盤改良を調べている方にオススメの記事はこちら↓

地盤改良の工法は常に技術革新が行われ、より良い地盤改良の工法が他にあるかもしれません。弊社で見積りをしたところ、コストダウンした例がいくつもあります。下はその一例ですので、費用を押さえたい方は一度ご覧ください。


地盤補強・改良・工法のお問い合わせ・ご相談

地盤改良の相見積り・お問い合わせ・費用削減などご相談は、お電話またはメールフォームにて承って降ります。お気軽にご連絡ください。

メールでのお問い合わせにつきましては、回答をさしあげるまでにお時間をいただくこともございます。お急ぎの場合はお電話にてご連絡くださいませ。

地盤改良の相見積りに関する質問・相談・お電話でのお問い合わせ 地盤調査・改良・ジオクロスユビファに関する質問・お問い合わせのメールフォームはこちら

合わせて読みたい!地盤改良・地盤補強工法の関連記事