造成工事を考えています。どのような種類がありますか?

現在、田んぼの地面があります。家を新築するにあたり、擁壁で田んぼを区切って、田んぼを宅地にしようと考えています。コンクリートで壁をつくればいいのかな?とインターネット等で調べていますが、どんな壁がいいのか教えてください。また、コンクリートの壁はたくさん種類がありますか?よろしくお願いいたします。

現状:道路と田んぼの落差は60センチぐらいです。田んぼは10反あるうちの端っこを宅地にしようと考えています。端っこ土水路があります。深さ30センチぐらいです。

お問い合わせありがとうございます。造成工事を検討中なのですね。マイフォームを建てるための、地盤づくりをお伝えさせていただきます。
 まずは、コンクリートの壁についてお答えします。コンクリートの壁は「擁壁(ようへき)」とよびます。擁壁は土砂がこぼれないようにするために設置しますので、今回の場合、まさに擁壁工事になります。また、田んぼを分筆するとのお話ですので擁壁自体が境界代わりにもなります。

擁壁の種類は大き分けて3種類です。今回はL型擁壁(プレキャスト擁壁)で対応可能だと思います。詳しくは「地盤用語集:擁壁をご覧ください。※内部リンク」

田んぼから宅地にする場合、家の配置や大きさによって、造成工事時から打ち合わせしていかれることをご提案します。造成後に家の計画をした場合、購入した盛土材をお金を払って処分しなければいけなくなったり、地盤調査の結果しだいでは、改良工法によって価格差が出る場合もあります。事前に家づくりを含めた計画を建てることにより、無駄な工程を省き、無駄な費用を削減できます。削減した費用で車庫を建てることもあります。まずは地盤を知るところからはじめてみてください。

弊社で作成した地盤コラムがありますので参考になさって下さい。少しでも無駄な工程を減らしてコストダウンに繋げましょう。

関連コラム:地盤を知る

 

地盤補強・改良・工法のお問い合わせ・ご相談

地盤改良の相見積り・お問い合わせ・費用削減などご相談は、お電話またはメールフォームにて承って降ります。お気軽にご連絡ください。

メールでのお問い合わせにつきましては、回答をさしあげるまでにお時間をいただくこともございます。お急ぎの場合はお電話にてご連絡くださいませ。

地盤改良の相見積りに関する質問・相談・お電話でのお問い合わせ 地盤調査・改良・ジオクロスユビファに関する質問・お問い合わせのメールフォームはこちら

合わせて読みたい!地盤のお問い合わせの関連記事