複数見積で、ドーンと安くなりました。相見積り検討事例紹介

検討事例1:柱状改良→ジオクロスユビファ 30万円以上の費用削減

地盤改良工法は技術革新により様々な工法が出てきています。全ての地盤において他工法が施工できるわけではありませんが、中には環境を汚染せず、工期も短縮しコストダウンに大幅に繋がる工法もありますのでご紹介させていただきます。

相見積りの事例紹介01

お客様から相見積もりの依頼を受けましたので、検討させていただきました。
条件は下記のようになっていました。

  • 地盤調査の結果、地盤改良の必要あり。
  • 柱状改良40本深さ5.0m・施工費用100万円(改良残土処理含む)。
  • 下坪約20坪の木造新築住宅(2階建)

地盤調査報告書から再設計した結果

  • 地盤改良の必要あり。改良深度、現地盤より-4.5m。
  • 調査結果から改良の必要性を確認し、柱状改良工法にて設計したところ、
    柱状改良41本深さ5.0m・施工費用100万円(改良残土処理含む)との判定。
  • 工期は養生期間含め10日間(施工は3日)

当社でも実際に地盤改良をするなら…ということで頂いた地盤調査報告書から同じ改良工法での再設計したところ、施工費用は100万円はかかるという結果になりました。

ただ、当社では他に最適な地盤改良方法があるのではないかということで調べた結果、ジオクロス・ユビファシート工法の方がありましたので、検討してみてみました。

他工法での検討

  • 地盤調査結果から『ジオクロス ユビファシート工法』にて対応可能な地盤のため、同工法にて設計。
  • 鋤取・砕石基礎・転圧・シート敷込・基礎砕石・防湿シート敷込・捨てコンクリート・残土処理(基礎下鋤取処分)まで施し、70万円の判定。
  • 工期は捨てコン打設まで入れて2.5日

このように、対象の地域の地盤状況から最適な改良工法を選ぶことで、施工費用はもちろん、工期まで短縮することができました。
相見積りでの結果をお客様にお伝え・説明したところ、非常に喜んでいただけました。(もちろん、施工方法はジオクロス・ユビファシート工法を使いました。この工法の詳しくい解説はこちら

 

お客様(工務店様)からのお話

施工業者相見積でお願いしたが、価格差が30万円、施工期間が短いため、施工を頼んだ。ジオクロス工法は初めてだったが、地盤保証がしっかりしているため、地盤改良(補強)に対する不安はなかった。

実際に施工して思ったのが、70万円の施工費の中で、基礎型枠を組む手前までの作業がはいっていることに驚いた。実質、50万以上のコストダウンに繋がった為、感謝している。

弊社担当者:奥井良樹

ワイズ イノベーション奥井こちらこそ、よろしくお願いいたします。地盤改良の判定は地盤保証会社や検討者によっても変わります。様々な角度から検討し、少しでもコストダウン、環境対策につながればと日々精進してまいります。

地盤に関するお悩みや相談はいつでもお気軽に、下のメールフォームからご連絡下さい。

弊社は富山の会社ですが、県外でも全国に協力会社がいますので対応可能です。どしどし相談・質問してください。お待ちしております。

メールフォーム

お問い合わせ内容を下記項目を記入し、送信して下さい。

また、地盤調査の見積を依頼したい方は、こちらの『見積の依頼用メールフォーム』より、お願いします。

お名前 (必須) ※例:ワイズ 太郎
メールアドレス (必須) 注)半角英数字のみ
お問い合わせ内容
(必須)

※送信後、3日以内に連絡がない場合はお手数ですが
076-468-3578までご連絡下さいますようよろしくお願いいたします。

 

 

他にも下記のような事例がありますので、興味がありましたら確認してみてください。

 

他にあなたへのオススメの内容はこちらです。

 

地盤補強・改良・工法のお問い合わせ・ご相談

地盤改良の相見積り・お問い合わせ・費用削減などご相談は、お電話またはメールフォームにて承って降ります。お気軽にご連絡ください。

メールでのお問い合わせにつきましては、回答をさしあげるまでにお時間をいただくこともございます。お急ぎの場合はお電話にてご連絡くださいませ。

地盤改良の相見積りに関する質問・相談・お電話でのお問い合わせ 地盤調査・改良・ジオクロスユビファに関する質問・お問い合わせのメールフォームはこちら

合わせて読みたい!検討事例の関連記事